環境に配慮した車

環境問題に対する自動車業界の答え

環境問題がより一層叫ばれるようになった現代社会。
企業やメディアも環境保全に取り組み、最近ではエコ活動も様々な分野から注目を浴びていますね。
スーパーのレジ袋削減や、ゴミの分別、資源の再利用やリサイクルショップの台頭ど、
我々の生活でも日常的にエコ活動を目の当たりにする身近なものになってきましたね。

 

地球温暖化や大気汚染等の環境問題に向き合うための活動がエコ活動ですが
それは自動車業界にも波及しています。
自動車の排出する二酸化炭素は地球環境の大敵ですが、
それに対する自動車業界の一つの答えがエコカーという車です。

 

今までの車とこのエコカー。最大の違いはその駆動方式です。

 

車というのは本来ガソリンを燃料に使い、二酸化炭素を排出しながら走る物でしたが
エコカーの駆動方式は地球への配慮というものを考えた車で
その駆動方式は開発メーカーや車種等の違いで様々な種類が存在します。

 

ハイブリッド車と呼ばれる車種は、ガソリンと電気の併用で車を動かします。これは従来に比べて二酸化炭素の排出量を抑える事が出来ます。

 

  • 天然ガス車
  • 電気自動車
  • 水素自動車

 

といった種類の車もあります。
これらは名前の通り、それぞれ天然ガスに電気、水素を燃料にしています。
また水素と酸素を合わせた燃料電池自動車という種類もありますが
これらはガソリンを使わないため、二酸化炭素を排出せずに走らせる事が出来ます。
環境問題に適合した長所をもつこれらの車も、
そのエネルギーの確保という問題がまだまだ解決しているとは言えないのが実情です。

 

エネルギーの確保ももちろんですが走行距離や駆動時間等
エコカーはまだまだ発展途上の段階にある車といえますね。