エコカーの課題

燃料も問題の一つ

自動車。それは今現在、我々の生活において欠かせないくらい大事な物です。
移動手段としてはもちろん、趣味やステータス的な意味合いまで持ち合わせており、

 

その付き合い方は人それぞれですが、石油を燃料にするという事だけはどの車にも共通している事ですね。

 

しかし、その石油に代わるエネルギーを探す時代になってきました。
というのも、石油を燃料にして排出される二酸化炭素の問題やその石油そのものの残存量等地球規模で環境問題に取り組んでいる昨今、車も例外ではありません。

 

そんな状況で開発が進められているのがエコカーです。

 

環境問題と向き合い、石油に代わる新しい、かつ環境に適したエネルギーを燃料とするエコカー。
それは日本だけではなく世界中で注目されている新時代の車なのです。

 

今までは普及率の悪さに伴う開発コストの高さや従来者との価格比等、
エコカーへの注目が低かったのですが環境問題が地球規模で叫ばれる昨今、
エコカーという環境問題に適した車の普及を目指して政府がエコカー減税を始めました。

 

こうした動きで価格面での出遅れも取り戻せるのではという期待がかけられています。

 

しかし、エコカーの課題は価格だけではありません。燃料も問題の一つです。
ガソリンに比べて環境に優しいとされていますが、ガソリンはガソリンスタンドで補給できます。
しかし新しいエネルギーはどうするかといった実用性の問題がまだクリアーされていません。

 

また、エコという観点では非常に優れているエコカーですが
自動車は走ればいいという人から、デザインにこだわる人までそれは人それぞれです。
そうした自動車にこだわりを持っている人に購買意欲を持たせることが出来るのか
という販売面での課題もあります。

 

そういった車に対するこだわりの強い人は
環境に良いからと、自分の好みで無いデザインの車には乗らないでしょう。

 

そういった課題も含め、現状ではまだまだエコカーの抱える問題は山積みです。