玉串料 金額

納める料金の目安とは?

玉串料は玉串の代わりに納める金額のことを言います。
玉串とは、榊などの常緑樹に、紙垂をつけたものを指します。

神道の様々な儀式や神事に、神様への捧げものとして祭壇に奉納します。
神道の葬儀の際は、仏式でいう焼香の代わりに祭壇に供えます。

そのため神社に祈祷や祈願をする際には、玉串の代わりに玉串料を納めるのです。

 

行事によっても、その金額は若干異なります。
どんな時に、どのくらいの玉串料を納めたらよいのでしょうか。

 

個人が参拝する場合は5,000円から10,000円が一般的です。
これには

  • お宮参り
  • 七五三
  • 交通安全
  • 安産祈願
  • 合格祈願

などが含まれます。
神社によっては祈祷だけではなく、お守りやお札、縁起ものなどを下さるところもあります。

その場合には、10,000円程度が必要になります。
企業や会社などが祈祷を受ける場合には、10,000円からが一般的なようです。

予め規定の料金を設定している神社もあります。
学業成就の祈祷などは3,000円や4,000円程度で行ってくれる神社もあるようです。

 

会社や個人の家の

  • 神棚安全祈願
  • 工事安全祈願
  • 地鎮祭

などの玉串料の目安はおよそ30,000円です。
古くなった家屋などの解体安全、事故祓えはおよそ50,000円程度です。

 

神社によって金額が違うことはもちろん、祈祷を受ける人数によっても金額が違ってきます。
事前に電話などで問い合わせするようにしましょう。

頻繁にある行事ではありませんが、大切な意味を持つものです。
マナーを守り、しっかりと一つ一つの行事に取り組んでいきたいですね。

あなたにお勧めの商品