玉串料 書き方

日頃からしっかり身につけておきたいマナー

玉串料,書き方

神社に納めたり、神式の葬儀に参列したりする時に必要な玉串料は、使用する場面によって書き方も異なります。

 

神社への謝礼として使う場合はどのような書き方をしたらよいのでしょうか。
その場合は表書きに

  • 「御初穂料」
  • 「御玉串料」
  • 「御礼」
  • 「御神饌料」

などと書きます。
一般的には「初穂料」、「玉串料」、「御礼」がよく使われています。

ちなみに初穂料が使われる場合は、各種御祝の儀式などです。
七五三やお宮参り、結婚式などの御祝の場に使用されます。

その他にも各祈祷や厄払い、地鎮祭など神社に金銭を納める時に使います。

 

玉串料は代わりに納める金銭という意味合いで使われます。
お守りやお札を授かる際には用いません。

その時には「初穂料」の方を使いましょう。


一方、神式の葬儀にはどのような書き方をしたらよいのでしょうか。
神式の葬儀は別名、葬儀祭とも呼ばれます。

参列者が持参する香典の表書きには、

  • 「御玉串料」
  • 「御榊料」
  • 「御神前」

と書きます。
「御霊前」でも構いません。

「御霊前」は宗教を問わずに、どんな場合でも使用できます。

 

葬儀祭の後には、神職に謝礼を渡しますよね。
その時に書く表書きは

  • 「御玉串料」
  • 「御神饌料」
  • 「御礼」

などが使われます。
葬儀などの場で参列者が持参する香典には「初穂料」という表書きを使いません。

うっかり書いてしまわないよう、注意しましょう。

 

場面によって表書きの書き方は、全く違います。
その場に合った表書きを書けるように、日頃からしっかり身につけておきたいですね。

あなたにお勧めの商品