温度差発電 温泉

エコロジーな発電方法

温度差発電,温泉

私たちの生活を支えている電気は、今やなくては生活できないものです。
日本ではこの電気を作る方法が主に3つに分けられています。

  • 電子力発電
  • 火力発電
  • 水力発電

の3つです。
これにさらに新たなエネルギーを生み出す方法として、風力発電や太陽光発電も行われています。

地球に優しいクリーンな方法が必要とされていると言えます。

 

エコロジーな発電方法として、注目され始めているのが温泉などを使った「温度差発電」です。
温泉を使って電気を作るなんて、ちょっと驚いてしまいますよね。

温泉は当然、火力発電のような高圧、高温の蒸気が発生する温度ではありません。
どのようにして発電するのでしょうか。


温度差発電は温度差を利用した発電方法です。
冷水と温水を別々の管に入れ、特別な装置に通過させることにより、電気を作り出すことが出来るのです。

このときに使われる冷水は普通の水、温水には温泉などが利用されます。
この方法では二酸化炭素は発生しません。

有害物質も作られることがないので、安心して使用出来そうですね。

 

しかもこの方法で使われた冷水や温水はそのまま、別に利用することが出来ます。
使用された冷水、温水を汚すことなく発電できるのです。

そのため、冷水として使用された水はそのまま川に流すことが出来ます。
温水用として使用された温泉源はそのまま、温泉水として使うことが出来るのです。

 

使った材料をキレイなままに、地球に返すことが出来る温度差発電は、エコロジーな方法として注目されています。
環境汚染が問題視されている今、温度差発電に対する関心が高まっているのです。

あなたにお勧めの商品