環境対応車 二酸化炭素

エコロジーな車が登場!

環境保護が重視される現代では、エコロジーが広く呼び掛けられていますよね。
資源の再利用や節約など、気を使っている人も増えるようになりました。

それに伴って、エコロジーを謳う機械や道具も生活に馴染むようになりました。
エコバックや生ゴミ処理機、節電の電化製品などの製品を使っている人も多いのではないでしょうか。

 

危惧される大気汚染や二酸化炭素の排出量の増加を防ぐために、現代ではエコロジーな車も登場するようになりました。
それが環境対応車です。

 

従来の車と環境対応車の違いはその駆動方式にあります。
従来の車はガソリンを燃焼させることにより、走行しています。

環境対応車の駆動方式は、開発しているメーカーや車種などにより、色々な方式がとられています。

 

  • ガソリンエンジンと電気モーターを併用している、ハイブリット車。
  • 高圧天然ガスを燃料に使用する天然ガス車。
  • 電気を使用する電気自動車。
  • 水素を燃料とする水素自動車。
  • 水素と酸素を化学反応させることにより、それに伴う電気の発生をエネルギーとする燃料電池自動車。

 

ハイブリット車と天然ガス車の二種類は、ガソリン車に比べて二酸化炭素を低減させることが出来ます。
ハイブリット車は、通常のガソリン車と比べて二酸化炭素の排出量を約半分ほどに抑えることが出来るのです。

電気自動車、水素自動車、燃料電池自動車の三種類は、二酸化炭素を排出することがありません。

 

しかし、ハイブリット車以外の環境対応車は、エネルギーの確保にまだ問題を抱えています。
これから先、更なる研究が必要とされているのです。