環境対応車 優遇税制

環境に優しく、お財布にも優しい!

環境対応車,優遇税制

環境保全を考えて制作された環境対応車
二酸化炭素の排出量を抑えるため、環境への配慮がなされているだけではなく、低燃費でお財布にも優しい、まさしく一石二鳥の車と言えます。

しかし、長所をたくさん備えているにも関らず、環境対応車に乗っている人をあまり見かけませんよね。
その理由は、本体の価格にありました。

 

今まで環境対応車は非常に高額でした。
例えば1992年に発売されたトヨタの電気自動車「タウンエース」を例にあげると約800万円。

一般的な家庭では手を出しにくい価格ですよね。
それからの4年で約半額になるなど、全体的な価格は下がりつつあります。

それでも一般的はガソリン車と比較すると、高い値段だということは否めません。
研究費や開発費、原材料費など高いコストがかかってしまうのです。

 

そんな環境対応車を社会全体に広げるために、2009年の4月から優遇税制が導入されることになりました。
優遇税制とは低燃費車の自動車重量税を軽減する税制のことを指します。

現在、環境対応車には様々な優遇処置がされています。

 

一定の燃費や排出ガス基準を満たした自動車に対しては、「グリーン税制」が適用されます。
これは自動車税が25%から50%軽減される処置がとられます。

電気自動車やハイブリット乗用車などには「クリーンエネルギー車税制」が適用されます。
これは自動車所得税が1.8%から2.7%軽減されます。

 

さらなる低公害者の普及を目指して導入されたる優遇税制は、車の重量税、所得税が免除される見通しになっています。
今回の優遇税制により、環境に配慮した車が社会的に広まることが期待されているのです。


環境対応車で優遇税制を受けよう!エントリー