エポキシ接着剤 対処法

トラブルが起きたときは速やかに!

用途が幅広く、非常に便利なエポキシ接着剤ですが、使う時には注意をしなければいけないこともたくさんあります。
トラブルが起きてしまった時、どんな対処をしたらいいのでしょうか。

 

例えば口に入ってしまった時
飲みこまないように注意して吐き出しましょう。

水でよく口をすすいだ後、医師の診断を受けてください。
飲みこんでしまった時には、多量の水か牛乳を飲んで吐きだします。

その後は速やかに医師の診断を受けましょう。

 

目に入ってしまった場合は、多量の水で洗い流します。
まぶたの裏まで出来るだけ洗い流すようにしましょう。

エポキシ接着剤は瞬間接着剤や溶剤形接着剤のように激しい痛みを感じません。
そのため病院に行くのが遅れるというケースもあります。

痛みを感じなくても、速やかに病院に行くようにしましょう。

皮膚についてしまった時は、広がる前に接着剤をふき取ります。
擦るのではなく、つまむようにして取りましょう。

拭きとれない時は、除去液や溶剤を布に含ませてよく拭き取ります。
その後、石鹸水や中性洗剤で洗い落します。

もし皮膚に異常が現れた時はすぐに病院に行くようにしてください。

 

エポキシ接着剤は強い接着性があるので、体はもちろん衣服や周りのものにつかないように気をつけなくてはいけません。
衣類についてしまうと、きれいに落とすことが非常に困難です。ほとんど元には戻りません。

 

接着剤を使う時には、充分注意を払わなくてはいけません。
きちんと気をつけた上で、作業をするように心掛けることが大切なのです。

あなたにお勧めの商品