アメリカカンザイシロアリ 駆除

大切な家を守るには

一般的なシロアリと同じく、住宅に害をなすアメリカカンザイシロアリ。

しかし、駆除の方法は驚くほど異なっています

 

通常シロアリを駆除する際は、湿気の多い床下部分に薬剤を撒くことが基本です。

湿気がないと生息することが出来ないからです。

一方、アメリカカンザイシロアリは湿気を必要としません。

そのため、浸食している部位や侵入経路が特定しにくく、家全体を調べなくてはいけないのです。

 

初期の場合は自分である程度の対策を取ることが出来ます。

糞や木屑の堆積が見られず、羽根だけが発見された場合は、近くから飛んできて侵入したばかりと考えられます。

木材の浅い部分に極少数で生息しているので、市販のスプレー式殺虫剤を吹き付けて、飛び出してきたところを退治すればいいのです。シロアリ用でなくても構いません。

殺虫剤がない場合は、刺激性の液体でも可能です。

初期の内に対応できるので、非常に効果的ですが、アメリカカンザイシロアリが生息している可能性もありますので、専門家と相談した方がいいでしょう。

 

初期状態を過ぎ、確実な駆除が必要な時には、家全体をガス燻蒸(くんじょう)します。

ビニールシートで家を多い、ガスを入れる方法です。

この方法ならば全ての材木にいるアメリカカンザイシロアリを駆除出来るのです。

使われる薬剤は人体の影響を考慮して残留効果もないので、近所に生息していれば、再侵入してしまうこともあるのです。

その場合は家の中や外に薬剤を吹き付け、侵入を予防しなければいけません。

ただし人によっては薬剤により、様々な問題が現れることもあるため、注意が必要です。

いずれの場合も専門家の指示を仰ぎ、充分に対策を立てなくてはいけません。

 

アメリカカンザイシロアリは侵入させないようにすることが大切です。

リフォームや建築を考えている方は、使用する木材や侵入されそうな構造かどうかを、しっかり確認しましょう。

また個人輸入の家具や生息地域から家具を持ってくる場合も注意が大切です。

 

駆除が必要な状態に発展する前に、日頃から大事な住まいのことを考えていきたいですね。

あなたにお勧めの商品