尋常性乾癬 治療法

諦めず長い目で付き合っていくことが大切

尋常性乾癬,治療法

完治することが難しいとされる尋常性乾癬
現在はどのような治療法が行われているのでしょうか。

 

一般的には

  • 内服療法
  • 外用療法
  • 光線療法

などが行われています。
内服療法に使用される薬は抗がん薬の一種であるメトトレキサートやビタミンA酸誘導体であるレチノイド、免疫抑制薬であるロスポリンが代表的なようです。

外用療法に使用されるのは、副腎皮質ホルモン薬や保湿外用薬などです。
光線療法としてはUVB療法、PUVA療法などが行われています。

 

この中でも最も多く行われている治療法は副腎皮質ホルモン外用薬によるものです。
そのほとんどは外来通院治療です。

 

根本的な原因から治療する方法がないため、それぞれの症状に合わせた治療法が行われます。
治療は長期に渡るものが多く、中止すると再発する可能性もあります。


一般的に行われているものは上記のようなものですが、その他にも

  • 漢方薬によるもの
  • サプリメントによるもの
  • 食事療法を取り入れたもの

など様々な治療法があります。
実際に効果があるかどうか、はっきりとした証拠はない状態ですが、尋常性乾癬は肥満の外国人に多くみられることなどから食生活に原因があるのではないかと考えられるようになってきました。

 

最近では尋常性乾癬に効果のある新たな薬の開発や、免疫調整薬の臨床治験が始まっています。
今後、より有効な薬や治療法の開発、発見に期待が集まっています。

完治が難しいとされる尋常性乾癬ですが、症状を抑えることは可能な病気です。
諦めずに長い目で治療を続けることが大切なのです。

あなたにお勧めの商品