麻黄附子細辛湯 副作用

服用には医師に相談が必要なことも・・・

体にあまり負担をかけない漢方薬にも、多少の副作用があります。
麻黄附子細辛湯も同様です。

 

麻黄附子細辛湯の主な副作用は、次のようなものがあります。

  • 胃の不快感
  • 食欲不振
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 動悸
  • 不眠
  • 発汗過多
  • 尿が出にくい
  • イライラする
  • のぼせ
  • 舌がしびれる
  • 発疹
  • 発赤
  • かゆみ

などです。
これらは全ての人に見られる訳ではありません。

辛いと感じた時には、医師に相談するようにしましょう。

それ以外に麻黄附子細辛湯の重い副作用としては、肝臓に影響が出てしまうことがあります。

  • 体がだるい
  • 食欲不振
  • 吐き気
  • 発熱
  • 発疹
  • かゆみ
  • 皮膚や白目部分が黄色くなる
  • 尿が褐色になる

といった症状がみられた場合には初期症状の可能性がありますので、注意してください。
重い副作用が起きることは滅多にありませんので、あまり心配をする必要はありません。

 

一般的に漢方薬は食事をする前である食前か、食事と食事の間の時間である食間に服用します。
しかし、食欲がない、吐き気を催すといった症状が現れた時には、食後に飲んでも構わない場合もあります。

飲み方については、医師とよく話し合うことをお勧めします。
顆粒状のタイプのものはお湯に溶かしてから飲みますが、胸のむかつきを感じてしまう時には、水で服用しても構いません。

また、効果が表れない、効果を感じないという場合には、医師にもう一度相談することをお勧めします。
証の再判定が必要になることもあるかもしれません。

 

服用する前から、過剰に副作用を恐れる必要はありません。
副作用が起こる確率自体はとても低いものです。

ただ副作用が起こった時に、すぐに対処できるよう事前に知っておくようにしましょう。
安全に薬を服用するために、日頃から情報を備えておきたいですね。

あなたにお勧めの商品