無理しない体操

頑張る」「鍛える」という目的ではない

健康的な体を手に入れるためにどんな努力をしていますか?
健康食品、サプリメント、日々の運動。いずれも必要なのは毎日、続けていくことです。

でも継続していくのって難しいですよね。途中で挫折してしまうことが多いのはどうしてなのでしょう。
人間誰でも辛くて苦しいことを続けることは、体も心も大きな負担がかかります。

きくち体操は「無理をしない」をモットーにした新しい体操なのです。

 

きくち体操の基本は長座。足をのばして座ることです。
少しお尻の筋肉を意識したり、足をのばすことを意識したりするだけ。

これなら誰にでもできそうですよね。

 

そのためきくち体操は高齢の方でも出来るようになっています。
体の機能が衰えがちな高齢者にとって、運動することは大変なことです。

しかし、何も運動をしなければますます筋肉が衰えていってしまいます。

 

きくち体操には「頑張る」「鍛える」という従来の体操にあったような目的はありません。
例えば指先をゆっくりと動かす運動など、どこでも気軽にできるような動きが基本になっています。

誰もができる運動を毎日続けることが大切なのです。
効果をすぐに感じることはないかもしれません。

体験した人の多くはゆっくりと毎日継続していくことで、本当に少しずつ効果を感じていくそうです。
中には習慣だった散歩をしながら、ある日ふと「自分はいつからこんなに軽く歩けるようになったのだろう」

と思ったという方もいらっしゃいます。
緩やかな変化だからこそ、体に負担がかからないのかもしれませんね。

 

挑戦しようという意気込みも必要のないきくち体操。
ちょっとやってみようかな。そんな軽い気持ちで始めてみたらどうでしょう。

健康のため、体力作りのため、今までは挫折ばかりしていた人でも心配いりません。
きっと続けていくことができますよ。

あなたにお勧めの商品

最新記事