感染性角膜炎 眼科

確実に選びたい病院

メガネやコンタクトなどの器具に頼ることがなく、手術により視力回復を図るレーシック手術。
入院の必要がなく、短時間で済むことや、成功率も高いことから手術を受けた人の数も

増加の一途をたどっています。
視力が回復すれば、マリンスポーツや格闘技など運動の幅も広がるため、多くのスポーツ選手もこのレーシック手術を受けているようです。

 

しかし、その一方で手術を受けたいけれども、踏み切れないという人も多いようです。
大切な目に関わる手術なので、不安を感じるのも当然のことですよね。

その上2009年に発覚した銀座眼科での事故により、ますます不安に思う人が増えました。
レーシック手術を受けた患者67人が感染性角膜炎や結膜炎に罹るという事故は、医療現場でのずさんな管理や衛生面などが問題視され、社会問題にまで発展しました。

特にこれからレーシック手術を受けようと考えていた人にとっては、衝撃的だったのではないでしょうか。

 

しかし、すべての病院が危険という訳ではありません。
一般的にレーシック手術は手術そのものよりも、事前の検査が重要だと言われています。

事前の検査により、手術が可能なのか、自分の目は果たして手術に向いているのかなど、細かな説明を聞くことが出来ます。
もちろん、事前の検査だけ受けることも可能です。

その検査内容により、医師の技量や信頼性を量ることが出来ると言われています。

 

また、口コミ情報や体験談を見てみることをお勧めします。
実際に手術を受けた人の意見は、参考になることも多くあります。

事故のあった銀座眼科の管理体制に疑問を持ったという口コミが、発覚前に書かれていたということで話題にもなりましたよね。
近頃ではレーシック手術を受けた有名人も多く、ブログや雑誌で取り上げられているので、それらを参考にしてみてもいいかもしれません。

 

簡単だと言われるレーシック手術ですが、一生に一度のものです。
安全な管理体制は勿論、成功例の多く実績のある医院を確実に選ぶようにしていきたいですね。

あなたにお勧めの商品