感染性角膜炎

早期発見が大切な目の病気

感染性角膜炎

私たちの「見る」という働きに、大きな役割を担っているのが角膜です。
一般的に「黒目」と呼ばれる部分を指します。

 

その角膜に感染する病原体は、

  • 細菌
  • ウイルス
  • 真菌
  • アカントアメーバ

です。
これらが原因で起こる炎症のことを、「感染性角膜炎」と呼びます。

 

ポピュラーな目の病気の中に、感染性結膜炎がありますよね。
感染性角膜炎はそれよりもさらに重いとされています。

きちんとした治療を受けずにいると視力障害が残ることもあります。
酷い場合には角膜に穴があき、角膜移植などを必要とすることもある病気なのです。

 

感染性角膜炎は病原体の種類により、起こる症状が変わってきます。
共通しているのは症状の始まり方です。

涙が流れる、めやにが出る、眼が痛い、充血する、視力が低下するなどの症状がある場合には注意が必要です。

 

ほとんどの場合は、病歴や症状、所見から診断が可能です。
はっきりとした結果や原因を知るためには、角結膜から出る擦過物を採取します。

擦りとった擦過物により、各病原体を検出することが出来ます。

 

治療の方法も各原因により異なります。
細菌性や真菌性のものであれば、検出された菌に効く薬剤を投与します。

ヘルペス性の場合は、上皮型のものであればウイルス薬のアシクロビルを、実質型のものであればステロイド剤をそれぞれ投与します。
アカントアメーバが原因の場合には、抗真菌薬が投与されます。

 

感染性角膜炎は早期受診が大切です。
もしも感染性角膜炎が疑われる場合には、必ず眼科専門医を受診するようにしましょう。


あなたにお勧めの商品