藤野邦夫 ガンコーディネーター

↓がん細胞が小さくなっていく・・・・・その秘密はこちら。↓

がん難民をサポートする

最近、「がん難民」と言う言葉をよく耳にします。

がん難民という言葉の意味は昔と今では、大きく変化しました。

 

以前はがんの標準的な治療を受けられない人のことを指していました。

少し前まではそのような患者さんが多くいたのです。

現在では標準治療は全国的に広がり、そのようなことはほとんどなくなりました。

地域によりやや差はあるものの、治療ガイドラインの作成や、がん拠点病院の設立など、がんに対する治療方針や対策はしっかりしたものになっていると言えます。

では、現代の「がん難民」とは一体何のことを指すのでしょう。

 

現在のがん難民とは、治療方針に悩み、医師や病院を探し求めている人のことを言います。

そんながん難民をサポートするのが「ガンコーディネーター」です。

翻訳家としても有名な藤野邦夫さんは、ガンコーディネーターの一人として、活動されています。

がん難民は約75万人いると推定されています。

その理由としては、医師の説明不足に不信感を感じた、納得のいく治療法を選べなかったなどの深刻な悩みが原因なのです。

がんの治療は医師との信頼関係がなければ成り立ちません。

ガンコーディネーターはそんな患者さんの悩みに耳を傾け、患者さんにあった病院を紹介してくれるのです。

藤野邦夫さんはご自身もがんを患った経験をお持ちです。

その時の苦い経験が藤野邦夫のガンコーディネーターとしての活動に、力を与えているのかもしれません。

 

社会問題になりつつある、がん難民問題。

それを解決するガンコーディネーターの活動が、今注目されているのです。