デルマドローム

皮膚の異常に気付いたら

デルマドロームという言葉をご存知ですか?
あまり日常で耳にすることのない言葉ですよね。

 

デルマドロームとは悪性腫瘍が存在する時に現れる皮膚の症状のことをいいます。
胃癌や肺癌など、起こりやすい癌の場合でもよく表れます。

既に悪性腫瘍で入院している患者にも突然、起こることもあるのです。

 

その他、内臓に病変が見られる時に起こりやすく、
肝臓胆嚢疾患や膵臓疾患などにも表れることがあります。

一見ただのイボや湿疹のようにも見えますが、内臓の病が引き起こす皮膚の異常なのです。

 

以前から皮膚科医の間では、内臓の病の存在を知る手段として広く伝わっていました。
表れる症状は病気によって違ったり、人によって変わったりすることがあります。

 

いずれもかゆみや痛みを伴うできものが急激に増えたときには注意が必要です。
また、皮膚の赤みやシミ、ホクロ、時には手荒れなどもデルマドロームの可能性があります。

特にただの手荒れだと思っても皮膚筋炎の場合もあるので、より気をつけなければいけません。
皮膚筋炎は、膠原病の一種です。

放っておくと段々と、体のだるさを感じるようになります。
皮膚筋炎は必ず左右対称に表れるのが特徴です。

お風呂上がりなどに、鏡に映してみるのもいいかもしれませんね。

 

癌は早期発見が何より大切です。
しかし自覚症状があまりないために、気付かないうちに進行してしまうケースもあります。

 

デルマドローム

 

自分の体の状態を知るためにも、皮膚に少し変わった状態が見られたら早めに病院に行くことをお勧めします。

あなたにお勧めの商品

最新記事