豚インフルエンザ 対策

落ち着いて対策をしましょう

新型とされる豚インフルエンザですが、
その対策法は季節性ものとほとんど変わりません。

 

豚インフルエンザ,対策

 

外出後の手洗い、うがい。
人ごみに行く際のマスクの着用などで、予防することが出来ます。

 

 

 

女性の場合は爪を短くすることも、対策のひとつになります。

 

長い爪には細菌が溜まりやすく、接触感染のリスクを上げてしまいます。
付け爪もなるべく外すようにしましょう。

アクセサリーも同様です。

 

特に指輪やブレスレットは豚インフルエンザが流行した際には、
外すように心掛けましょう。

 

子供の場合は、まず感染防止の大切さを理解させることが必要です。
子供は身長が低いため、飛沫感染のリスクが高いという傾向にあります。

子供が気をつけなければいけないのは、飛沫感染だけではありません。
接触感染も同様です。

 

子供は無意識に行動することが多く、
ウイルスがついたままの手で口や鼻を触りやすいのです。

ウイルスがどのように感染していくのかを、子供自身に理解させることが大切です。

 

豚インフルエンザには、症状が現れない潜伏期間があります。
一見、健康に見える人でも既にインフルエンザに感染している可能性もあるのです。

 

流行時には潜伏期間にある人から感染する危険もあるので、
人ごみを避け、必ずマスクを着用しましょう。

 

また、感染する危険を下げることも大切な対策方法です。

 

  • 睡眠を充分にとること。
  • ストレスを溜めこまないこと。
  • 栄養価の高い食品をとること。

 

 

ウイルスに負けない体を作ることも、予防法の一つです。

 

パンデミックはいつ、起こっても不思議ではありません。
もしもの時に備えて、常に対策を練っておきましょう。