抹茶バターケーキ 特徴

こだわりぬいた抹茶が鮮やかな緑色を表現

辛口評価で有名な「深イイ話」の特別スペシャル「旨イイスペシャル」で見事、
全員一致で旨イイの判定を受けた抹茶バターケーキが爆発的に人気を呼んでいます。

数ある抹茶スイーツがある中で、この抹茶バターケーキはどうしてこんなにも人気があるのでしょうか。

 

抹茶バターケーキは日本茶の老舗「駿河園」が開発、販売をしています。
そのためケーキに使用されている抹茶も、こだわりぬいたものなのです。

 

抹茶バターケーキに使用されている抹茶は「金閣」という名前です。
一般的に抹茶と言うとさらさらとしたお薄茶を思い浮かべる人が多いかもしれませんね。

しかし、お茶の中には抹茶を多めに使用するお濃い茶という飲み方もあります。
このお濃い茶は濃厚なので、質の悪い抹茶を使用するとただ苦いだけの飲み物になってしまいます。

お濃い茶は苦味の中にもお茶特有の甘味を含む、質のよいものでなければ適さないのです。
この「金閣」はお濃い茶にも使われる抹茶です。

その価格はなんと1kgで5万円
この「金閣」をたっぷり使用しているから、濃厚なお茶の風味が味わえるのです。

香りは勿論、その色も見る人を驚かせます。
薄茶色の表面を割ると、中は鮮やかな緑色をしています。

抹茶特有の深い緑色をした生地には、一切着色料を使っていないそうです。
自然のままの色でありながら、こんなにも綺麗な緑色は他の抹茶スイーツにはないそうです。

 

また抹茶バターケーキは抹茶だけではなく、卵などの材料や生地の混ぜ方、焼き方まで、全て考えられ製造されています。
しっとり、ふんわりした生地に香り高い抹茶の風味。

そして甘さの中にあるほんのりほろ苦いお茶そのものの味。
ほっと一息つきたい時や誕生日などの特別な時など、様々な場面に合いそうな抹茶バターケーキなら、食べた人に笑顔を運んでくれそうですね。

あなたにお勧めの商品