祐成二葉 プロフィール

幼い頃から料理をはじめる

今、フードコーディネーターの祐成二葉さんが話題になっています。
祐成二葉さんは何故、フードコーディネーターという道を選ばれたのでしょうか。

そのプロフィールを見てみると、そのルーツが分かりました。

 

祐成二葉さんのお母さんは同じくフードコーディネーターの祐成陽子さんです。
祐成陽子さんは現在もフードコーディネーター養成スクールの校長を務めるなど、活躍しています。

 

幼い頃から多忙な母を見ていた祐成二葉さんは、自分用におやつを作ったり、
中学生のときには自分でお弁当を作ったりしていたそうです。

 

自分の工夫やアイデアにより、料理やお菓子を作る楽しさに気がついたといいます。

 

その後、プロフィールによればドイツ国立マイスター校を卒業後、5年間のヨーロッパ留学を経験されました。

 

祐成二葉さんのアイデア溢れる料理はそういった影響もあるのかもしれませんね。
そして1988年「祐成葉子クッキングアートセミナー・フードコーディネーター養成コース」の

メイン講師に就任されました。

 

本の出版を中心に料理制作やテーブルコーディネートを手掛けています。
初心者向けの基本レシピだけではなく、プロの現場でも活躍されています。

 

またプロフィールによると、近頃はインテリアや収納の分野でも活躍されています。
今、話題になっている「ロハス」な生活や豊富な引っ越しの経験など、

留学中に養われた生活感が人気になっているようです。
生活という広い分野において、様々な工夫を編み出し続けている祐成二葉さんに、

これからも注目していきたいですね。