祐成二葉 高齢出産

母親としての立場から考えた料理を

女性が社会進出するようになり、仕事に生きがいを見出す方も増えています。
世間では「アラフォー」という言葉が流行したり、その世代の女性が活躍するドラマが放映されたりと、

女性の価値観そのものや生き方が考え直されるようになりました。
それと比例するように増えているのが、高齢出産です。

 

高齢出産をした有名人もたくさんいます。
黒木瞳さんや、江角マキコさん、海外に目を向けるとマドンナもその一人です。

最近ではジャガー横田さんの出産が話題になりましたよね。
フードコーディネーターの祐成二葉さんも、高齢出産を経験されました。

 

40歳で結婚された祐成二葉さんは、誕生した女の子を亡くされた後、
男の子を一人授かっています。

高齢出産には高いリスクが付きまとってしまうと言われています。
女性の体、特に子宮は30歳頃から機能が衰え始め、

35歳を過ぎると、胎児や母体に影響が現れやすくなってしまうのです。

 

祐成二葉さんはそんな高齢出産における自身の体験をテレビなどで語っています。
実際に経験された方の体験談は、非常に役に立ちますよね。

 

母親としての立場から、料理を考えた料理本も数多く出版されています。

 

色々な場面で使えるおにぎり100点を掲載してある「おにぎりカフェ」や、
子供のお菓子や食事のレシピが載っている「ベビーカフェ」などがその代表作です。

 

高齢出産は確かに大変なことかもしれません。
だからこそ、食事といった面にも気を使い、自身やお子さんの心と体を健康なものにしていきたいですね。