骨盤ウォーキング

歪みを直し、スリムな体を作り出す

骨盤ウォーキング

骨格を支えている骨盤は、直立歩行をするためには絶対に必要と言われています。

腸や子宮などの臓器を保護する役目もあり、重要な役割を果たしてくれているのです。

この骨盤が歪んでしまうと、体に様々な影響を及ぼします。

歪みを直し、スリムな体を作り出す「骨盤ウォーキング」が今、話題になっています。

 

骨盤ウォーキングはただ歩けばいいという訳ではありません。

間違った歩き方では、かえって骨盤をより歪めてしまうことにもなり兼ねません。

きちんとしたやり方があるのです。

まず、骨盤の歪みをチェックします。

次に骨盤を正しい位置にリセットするストレッチをします。

外股ストレッチ、内股ストレッチ、全身ブルブルストレッチの三種類があり、3つで1セットになっています。

これをしてから歩きだします。

 

骨盤ウォーキングのポイントが大きく分けて4つあります。

  1. 靴の横幅で歩くこと。

    正しい姿勢を作り、靴の横幅の範囲内で歩きます。

    足先を外に向けず、まっすぐに歩きます。

  2. 内ももにハリを感じるような意識を持って歩くこと。

    内股にならない程度に、腿の筋肉を内側に寄せるようにして歩きます。

    足の裏全体で歩くようにしましょう。

  3. ひざをのばし、踵から着地するように歩くこと。

    体が揺れないようにひざを伸ばして歩きます。

    腰に手を当てると意識しやすくなります。

  4. 骨盤を地面に対して並行にして歩くこと。<br />

    足から歩くのではなく、骨盤から歩くようにしましょう。

 

意識して歩くだけでも、体が引き締まります。

何気なく行っている歩くことに、一工夫を加えて健康的な体を作っていきたいですね。


なたにお勧めの商品