ゾーンセラピー やり方

自宅でもj簡単にできるマッサージ

ゾーンセラピー,やり方

ゾーンセラピーは自宅でも行えます。
やり方はとても簡単です。

まずめん棒を用意します。
料理用のものを使うのですが、量販店や100円ショップで販売しているもので構いません。

必ず用意しなくてはいけない訳ではありませんが、すべりを良くするためにマッサージオイルを使用するとやりやすいです。

 

ゾーンセラピーの基本的ややり方としては、足の裏や腕をマッサージする時には指や手のひらを使います。
めん棒を使うのは、脚やお腹をマッサージする時です。

足の裏の広い範囲を刺激するときは、握り拳をつくり親指以外の第二関節でマッサージします。
太りやすい原因は個人個人によって違います。


めん棒は順手で持ちます。
後ろ側をマッサージする時には逆手で行いますが、持ちにくい時は順手でも構いません。

下から上に向かって、さすり上げるようにマッサージします。
並行に動かす時には肉を持ち上げるように。

ジグザグに動かす時は両手で持ち上げるようにするとやりやすいです。

 

ゾーンセラピーは、それぞれのタイプごとに刺激する部分もやり方も異なります。
例えばセルライトに悩んでいる方は、冷えを解消するために足の裏の心臓や肝臓といった反射区を刺激します。

その後ふくらはぎ、後ろもも、前もも、腕の内側をマッサージします。
一方、ぽっこり出たお腹が気になる人は、内臓の低下が原因と考えられます。

そのため、まず足の裏の反射区の胃や十二指腸、大脳といった部分を刺激します。
そのあと、下腹、上腹をマッサージします。

内臓の機能を改善することにより、代謝が上がり痩せやすい体を作ることが出来るのです。

 

自分の体質に合ったやり方を見つけ、毎日少しずつ続けていきましょう。

あなたにお勧めの商品